全塗装の中古車は注意!こっそり修理した安い車の見分け方

全塗装

中古車展示会場には、きれいな車が多数展示されています。パッと見、新車じゃないの?というかなり良好な外観の車もあり、「買っちゃおうかな」と、即買いの危険すらあります。

でも、もしかするとその車、本当はボロボロだった車を全塗装しただけの中古車かも。こっそり修理して、しかも安い車にはいろいろ注意が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

塗装車のチェックポイント

まず車の塗装を広範囲にしている場合、わざわざコストをかけてまで色を塗ったわけですから、何らかの理由があります。

最低限チェックしたいポイント

  • 事故車(修復車)か確認する。
  • 走行距離をチェック。
  • 車体の光沢を見る。
  • 細かな歪みをチェック。

まず事故車の場合、広範囲に傷や凹みができたはず。もちろん塗装もはがれています。それを隠すためには、塗装をする必要があります。

2台の衝突事故

なのに事故車であることが記載されていない場合。これは危険。他のお店にいくべきです。もちろん素人が見ても分かりません。もし分かる程度の修復技術だったら、より危険度が増します。

次に走行距離をチェック。車は走行した距離に応じて、塗装面が傷ついてきます。それを目立たなくするために、表面を研磨して透明なクリア塗装をかけます。これで新車のようにピカピカな状態になります。

そこで車体の光沢がどれくらいかを見ます。もし、光沢ムラがあれば、塗装技術は低い可能性があるので要注意。もしそうだとしたら、数年持たずにその塗装がはがれ落ち、「その下から信じられないような汚い塗装面が浮き出てくるかもしれません。

はがれた塗装面

最後に細かな歪みをチェック。最新の機器を使って骨格を直したとしても、車体の外側は板金で修復しているはず。そうなると、細かなゆがみがでているのがみえるはず。見方としては、目を近づけて少し斜めから車両をみます。

逆にこの程度でパッと分かるようであれば、技術的にはかなり不安。

問題は相場との比較

「この車は、前歴で事故があり電信柱にぶっつかったので、正面を修復して塗装をやりなおしています。」と、ハッキリ情報として開示されていれば安心。

しかもそのマイナスポイントがあるから、価格は若干抑えめ。でも車の構造上は問題のないレベルだから、値引き分は●●円くらいでいかがですか?という、安い理由も分かって納得できれば買いだと思います。ただ安いだけでは、何か裏があるのではないかと疑ってしまいます。

値段交渉

さすがに大手チェーン店のところでは、そのような怪しい車を取り扱えば信頼がなくなり、会社は倒産に追い込まれるので、品質面はある一定水準で保たれているはず。

あとは相場との比較です。他の中古車販売店で同じグレードのものがあればチェックは欠かせません。ネットも良いのですが、情報がどうしても現地と比較すると不足しがち。疑問点も聞くのに時間がかかるので、高い買い物なので決める場合は、ぜひ現地に足を運んで最終確認をしたいもの。

全塗装のポイント

中古車で全塗装したら価格は高くなるはずです。ピンク系の車が持ち込まれたけれど、人気車種ではないので高く売れない。しかも売れ残るのも避けたい。そこで全塗装して人気車種にしてしまおう。

そんなめんどくさいことを・・・と、ちょっと塗装のことを学んだ方なら分かるのですが、車の色を塗るのはとても高度な技術が必要になりコストがかかるので高くなります。まず塗装にかけた費用の元を取るのは難しいでしょう。それが安く売られていたら危険

例えばワックスがけ。風の強い日に洗車してワックスをかけると、ホコリがボディについてしまいますよね。窓ガラスもホコリまみれ。もし、そんな状態で塗装したら、車はどうなるでしょう?小さなホコリが塗装面に付着してしまいます。

それをごまかすために、また上から研磨します。このような余分な作業をしていくと、塗装面の密着にも影響していきます。車を作るときは、鉄の板を整形した後、完璧に油分などを脱脂してホコリなどが入らない専用の場所で塗装されるので、ゴミなどが入ることはまずありません。

塗装すればコストがかかる

中古車で全塗装するなら、価格は高くなるはずです。それが安いのは、設備や環境の整っていないところで作業した可能性が高いので、ぱっと見た目に良さそうな感じでも、半年、1年すると、徐々にボロがでてきます。

塗装面が浮いてはがれてきたり気泡がでてきて、安く買ったハズの車がまた再塗装になり今度は高い費用を払うことに。そうならないためには、細かなところも見逃さない見目が必要になります。

まとめ

「この車、怪しい。」

そう思ったら購入の際は、高い買い物なので十分に吟味してから買いましょう。もし欲しいと思っても即買いだけは避けましょう。ただ・・・欲しい車だったら欲求を跳ね返すのはかなり難しいですが…。

そこで、車にあまり詳しくない主婦の方などが中古車で失敗しないためには、良く知っている友人に一緒に行ってもらいましょう。

何かトラブルが発生しても、対処してくれるスタッフがいる大手の、中古車販売業者から買うのが安心です。ディーラー系のお店は高いですが整備はバッチリ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告