これ知ってた?車のシート・座席が汚れた時の掃除の方法

車の座席

シミが付いた座席シートに困った経験がありますよね。

車の座席は汚れやすいので注意。新車を購入したら、汚れ予防のためにシートカバーを付けると、後々、車を売る場合にも有利に働きます。

小さなお子さんがいると、ミルクやジュース、お菓子をこぼしたりして汚れやすい。できるだけ汚さないようにするには、汚れ防止のカバーは必須。

車を売る場合は、シートカバーは付けたままの方が良いですよ。それだけ状態が良いというアピールにもなります。

でもすでに汚れている場合は、掃除をしてきれいにできます。詳しくみていくことにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

シートを綺麗にする方法

ゴミを除去

まずはハンディタイプの掃除機などで、大きなゴミやホコリを吸い取ります。

吸い取れないくらい大きなゴミはあらかじめ、手で取っておいてくださいね。

注意したいのは、座席の奥のすき間なども毛の柔らかいブラシなどでかき出すようにして、掃除機で吸い取りましょう。

綺麗にゴミを除去したら、硬く絞った雑巾で汚れを拭き取ります。

カビを予防するために拭き取ったあとは、必ず乾拭きをして水分が残らないようにしてください。梅雨時期や湿度が高い時は特に要注意。

強力な吸引はダメ

強力な掃除機を使ってしまいがちですが、座席シートに関しては、じゅうたんやカーペットとは違い、ゴミを吸いやすいので弱で十分。

あまり強力に吸ってしまうと、傷付けやすくなるので注意してください。

シミが付いた座席シート

ジュースのシミがついたばかりなら、テッシュを湿らせたり柔らかいタオルを濡らして、汚れた所を軽く叩いて、吸着させるとかなりシミが薄くなります。

再度、新しいテッシュで同様にすると、ほとんど消えてしまいます。でも高速道路などを運転中の場合は、すぐに対処できないので困りますね。

そこでサービスエリアに着いたら、先ほどと同じ手順でまずは汚れを吸着させます。

時間が経過するほど落ちにくくなるので、そういう場合はしみ取り専用の業務用クリーナーで一気に除去します。

使い方は女性の方は、家のお掃除と同じ要領なのですぐにできます。

リムーバーB

リムーバーBは、車内シミ取り剤( シートの染み除去剤)です。

知ってました?

私は自分の車をキレイにするのに、何かないかな~と探していて見つけたものです。

500cc(専用キャニオンガン付き)で、あの取れにくいコーヒーのしみも取れるというもの。
酸性クリーナー 車内用洗剤。

ほとんど無臭で、車内に嫌な臭いが残ることがないのが特徴の1つ。
シミを浮かせて取るタイプで、シート(座席)に傷を付ける心配がないのがポイント。

車内用なので、天井などに飛び散った飲み物のシミなども除去できる優れもの。小さなお子さんがいらっしゃるなら、保険に常備しておくと安心ですよ。

落とせるシミの種類

シミといっても、色々ありますが・・・

  • コーヒー
  • 醤油
  • ソース
  • ケチャップ
  • 古い血液

大抵のシミは取り除けそう。

まあ、できるだけ汚れたら、すぐキレイにしないと時間がかかりますからね。血液とか、時間がたつと普通じゃ消えなくなりますから。

本革は専用クリーナーを使用

アマゾンさんで発売されている、以下の商品を活用できます。

本革専用洗浄剤

本革シートをクリーニングするクリーナー 『業務用本革クリーナー 400cc』
汚れが良く落ちやすく、安全性も高い本革素材用洗剤が販売されています。

レザーシートの場合は、専用洗浄剤を使ってトラブルをなくしたいものです。

皮の種類や汚れ度によって変わるので、特に始めて使われる方は念の為、あまり目立たないところでシミなどができないか、必ず確認してから本使用してください。

※注 皮の種類や汚れの状態によっては、あまり効果がない場合もあるようです。実際に使って見ないとわからないので…。

やってはいけない掃除の仕方

から拭きはダメ

ゴシゴシタオルや雑巾(ぞうきん)で吹き始めるのはNG。

表面に砂やゴミが付いたまま、こすってしまうとシートに傷が付いてしまい査定額が下がる原因にもなります。

濡れててもダメ

ぬれタオルで拭くのもNG。

特に革製に水が付くと、カビなどの繁殖する原因になるからです。

シートはデリケートなので、拭いたりするのは基本的にさけた方が無難。何かを塗ってコーティングするのもよくありません。シートはもともと防水処理が施されているからです。

まとめ

子どもが汚したら、「ダメでしょう!」と叱りたくなりますが、怒るのは後にしてすぐに車の汚れを掃除しましょう♪

大抵のシミや汚れは、専用のクリーナーを使えば、かなり綺麗になるので家庭用洗剤でどうにもならないと諦める場合に、一度試してみてはいかがでしょう?

すぐにキレイにできると分かれば、子どもへの接し方も余裕ができます。それにちょっとしたことで、査定額に反映されるかもしれませんよ。

新車を買われる場合には、必ず座席の上に別途、汚れ防止のシートを取り付けましょう♪

他の記事も読むと、詳しくなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告