中古車を試乗するチェックポイント

siro

車を購入する時は、必ず自分で試乗してから購入するようにしましょう。人と自分の感性は異なるので、実際に乗ってみるとがっかりする場合があります。

気になる中古車を見つけたら、片っ端から試乗して自分に合うかを確かめます。めんどくさいと思って、しっかり乗らずに買ってから「こんなハズじゃなかった。」と後悔します。

ただし、乗れば良いというものではありません。試乗するときに、いくつかの見るポイントがあるので、そこに注意して乗りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

外観チェック

まずいきなり乗らず、外観をチェックします。

チェック

  • ワイパーのゴムは痛んでいないか?
  • タイヤの減りはどうか?
  • ハンドルが痛んでいないか?
  • 臭いや汚れは気にならないか?
  • シートベルトの状態は良好か?
  • ドアロックは作動するか?

どれか1つでも、購入後に動作不良と分かるとがっかりするポイントです。その他にも、気になるところは試乗する前にリスト化して現地でチェックするのがおすすめ。

いきなり試乗に行くと、思ったほど確認チェックができていません。このようなすぐに分かるところが不良ですと、エンジンやベルト、オイルなども「大丈夫かな?」と、心配になってきます。

エンジンを始動

いよいよエンジンを動かします。公道を走る前にまだチェックすべきポイントがあります。

チェック

  • アイドリング時のエンジン音
  • エンジン以外から、金属音やこすれたような変な音がしないか?
  • エアコン(冷房)は効くか?
  • カーナビ、CDやDVDなどオーディオ系は動作するか?
  • パワーウインドウは動くか?
  • 電動ミラーは使えるか?
  • ライトやルームライトは切れていないか?
  • 指示器(ウインカー)は作動するか?
  • シガライターは使えるかか?
  • 電動ミラーは使えるか?
  • ライトやルームライトは切れていないか?
  • リモコンは使えるか?

これらも動かないと、後から修理費用がどれだけかかるか分かりませんから、トラブルチェックは欠かせません。ここでで問題なかったら、いよいよ発進して道路を走ります。

pin-tyaチェックポイント

動くものはすべて動かしてチェックするのが、中古車で失敗しない鉄則。買ったあとから故障しても、買う前にチェックしていないので保障がなければクレームも出せません。

走り心地

エンジン音は走行距離と関係なく、わずか数万キロでも音がうるさく感じる車もあります。中古車は、前の持ち主がどんな運転の仕方やメンテナンスをしていたら分かりません。

例えば新車を購入してから、次の車検まで一度もオイル交換をしていないと、エンジン内が汚れて痛んでいるケースがあります。

メンテをしていない5万キロの車と、定期的にメンテナンスをしている8万キロの車だったら、後者の方が状態は良いケースも良くあります。アクセルを踏んで、加速感やブレーキの効きも確認しましょう。

すぐに即断即決するのは失敗の元。同型車の新車に乗っていないと、状態の良さがわかりにくいかもしれません。できればいくつか車を乗り比べてみることをおすすめします。

平地でも変速

大抵、町乗りの場合は平地の公道を走ると思います。そんな時、落とし穴が隠されています。例えばギアチェンジがスムースか確認します。具体的にはドライブからセカンドにしたりして、乗り心地に違和感を感じないかを見ます。

このようなチェックをしていないと、長距離の運転でアップダウンの坂道で変な振動を感じたりして、乗り心地に影響がでる場合があります。

まとめ

「試乗したけど、あまり良く分からなかった。」という方の方が多いと思います。その理由は、試乗した数が少ないので比較するデータが不足しているから。

もし、心配だっら他の中古車販売店で、同じ車種があれば乗り比べてみることが大切です。乗れば乗るほど、中古車の個体差が分かるようになります。

あまり時間がない、急いでいる場合は、多少、価格が高くても大手のところで購入するのが、万が一の場合のサポートや相談もしやすいでしょう。自分にぴったりな車がはやく見つかると良いですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告