中古車を買う予算と決め方【計算チェック】

予算

中古車の気になる車を雑誌や店頭、ネットで見つけたけど、予算はどれくらいの目安があれば良いのか、決め方や計算の方法を知っておけば、後から支払えないトラブルを防ぐことができます。

そこでチェックポイントをまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

車の予算

まず一番大事なのは、「あなたが中古車に出せる予算が最大でどれくらいまでなのか?」予算ありきでスタートしないと決められません。

仮に手持ちが100万円だとしたら、最大でもそれ以内に抑えないと破綻してしまいます。こんなときは、引き算方式で考えます。

予算が最大100万円

車のクラスによっても異なりますが、コンパクトカーを例にみていきます。

赤い車の傷

まず自動車税などが4万円前後。(購入時期によって変わりますが、4月と想定)

これに車を取得したとき、取得税がかかります。これがかなり高い。5年物の中古車の場合、車の本体価格が100万円とした場合、13万円程度がかかります。

これに自賠責保険が1年で約1万8000円。(1年)
ここまでで約19万円。いわゆる諸費用と呼ばれるものです。

これに任意保険も計算に入れると、車両保険なしで5万円(年齢によって異なります。)

車を自分名義で登録するのに、業者に依頼すると1万円以上はかかります。車庫証明も同じくらい。合わせて2万は軽く超えます。

ここまでで、年齢や保険のプランを考えて、多少余裕を見ると30万円くらいは車両本体価格以外にかかります。(車の価格で税金も変わります。)

 諸経費をチェック
大まかな経費 出費の概算(万円)
税金関連 20万円 
保険等  5万円 
代行費用等  3万円 
合計  28万円 

つまり予算100万円で買える中古車は、100-28=72万円までとなります。

もし保険を数年分まとめると安くなるので、一括で支払う場合は初年度の経費はさらにかかります。これ以外にも維持費(ガソリン代)や翌年からも税金がかかります。

消耗費も計算に

購入にチェックしたいのがタイヤの状況。溝がかなりすり減っていれば、タイヤ交換費用もかかります。ベルトなども消耗品。ヘッドライト、ワイパーのゴム、バッテリーなど、色々考えると、5~10万くらいは想定しておくのが良さそう。

不足の事態は中古車に限らず発生します。雪が降る地域ですと、スタッドレスタイヤも必要かと。

あとは余裕をどれくらい計算するかです。私だったら車両本体と諸経費で72万円ギリギリでは怖いので、72万円ギリギリで狙わずに1割くらいは余裕を見て安く抑えたいところ。

pin-tya-e
72×0.9=約65万円までの本体価格に抑えます。

これでも心配な方は用意する予算が貯まるまで待つか、余裕を2割くらい見て車の希望を下げます。

※下取りに出す車があれば、予算を上乗せできます。

参考 【車を売る】出張査定はその場で交渉しない!高く売る3ステップ!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告