チャイルドシートは軽自動車にいくつ設置できるのか?

チャイルドシート

半年後、三人目の子供が生まれます。

それで車に乗せるのに、ちょっと心配になってきました。

質問

軽自動車にチャイルドシートは、いつく設置できますか?

ジュニアシートでも同じことですが、法律は一体どうのようになっているのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

法律はどうなの?

いずれにしても三人目、おめでとうございます。

では早速、答えの方にいきますね!

答え

まずポイントとなるのが軽自動車の乗車定員。

軽自動車は法律で大人が4名まで乗車できると定められています。

ただし子供3人は、大人2名とされていますから、実際には軽自動車には次のような定員が乗車可能です。(道路交通法施行令 -第二十六条の三の二第三項第二号)

  • 両親(大人)2名
  • 子供3名

通常、改造でもされていない限り、軽自動車は4名分のシートベルトが設置されているので、この場合、お子さんのチャイルドシートの2名分は、着用させる使用義務があります。

残り1人分のチャイルドシートは設置できないので、免除されることにはなります。

ただし、車で事故を起こした場合は、非常に危険ですので軽自動車ではなく、乗用車への買い換えをおすすめします。

いずれにしても、お子さんはすぐに大きくなるので、5人はすぐに狭くなります。またベビーカーも入れる場所も考えると、せめて小型車を選べれば良いのですが。

大人が5名以上、乗れる車を紹介しています。

新車は手が届かない場合でも、新古車や中古車でも状態が良いものが見つかるので、検討されてはいかがでしょうか?

ただ駐車場の問題やスペースの問題もあると思うので、その辺りを総合的に判断してください。

チャイルドシートを着用しなくてもよいケース

  • 高速道路で近くにサービスエリアがない。
  • 渋滞や路肩に停止できない。

などの状態で、やむおえず授乳やおむつの交換などを行う場合は、チャイルドシートを一時的に着用を免除されます。

お子さんが怪我でチャイルドシートを着用できない場合や、肥満でチャイルドシートが規格に合わずに着用できない場合も免除されます。

このようなケースでも、取り締まり時に注意される場合があります。

道路交通法施行令 第二十六条の三の二第二項や、第二十六条の三の二第三項を伝えるのが良いでしょう。

なお、タクシーやバスなどでも免除されます。

参考 神奈川県警察-チャイルドシートQ&A

文字が大量に表示され非常にわかりにくいですが、どうしても法律を詳しく知りたい方はこちら(リンク先は変更される場合があります)。

路交通法施行令(昭和三十五年十月十一日政令第二百七十号) 「第二十六条の三の二第一項第六号」  出典:e-Govウェブサイト(http://www.e-gov.go.jp)

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告