【車を売る】出張査定はその場で交渉しない!高く売る3ステップ!

ママと査定

『車を売る』というのは、素人には敷居が高いと感じました。査定を電話やネット、メールで申し込むと、すぐに出張査定に自宅まで来てくれますが。それはちょっと待った!

それだと時間がかかって、手間が増えてしまいます。しかも高く売れるとは限らないからです。しかも私のような主婦だと、上から目線でうまくあしらわれてしまうかも。

そこで、作戦を考えました。では車を売るコツを詳しくみていくことにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

その場で決めずに値段を上げる3ステップ

1、一括査定で相場を把握する。

パソコンで調べる

まず最初は、車種や走行距離など大まかな情報で見積もりしてもらえる、ネットの一括査定を利用します。電話が苦手は方は、まずメールだけで見積もりをもらいます。これでおおよその相場が分かります。

ここで重要なのは、ネットの情報を鵜呑みにしないこと。車は季節によっても変動がありますし、新車種の動向によっても価格は数万くらいは、簡単に上下します。

しかも地域差もあります。都会と地方でも価格は異なります。大抵は、近隣の業者さんに見積もってもらい、引き取るはずです。遠くから来てもらうと、査定額はたかかったけれど、交通費や輸送費用を後から取られたら意味がありません。

その点、ネットで一括査定を申し込むと、あなたの近くの業者さんに連絡を取ってもらえるので、申し込みはネットで数社に依頼するだけですみます。

2、複数の業者の価格を比較する

複数の見積もり

見積もりは多い方が良いので、まずは5社以上の見積もりを比べます。高いところ、安いところの上限と下限がわかりますね。

社名 見積額(円)
Aオート買い取り 50万 
B中古車サービス  45万 最低
Cカー買取専門店 49万 
D下取りサービス  61万最高 
Eネット.com  55万 

相場は45~31万円と分かります。

ここからだ大事です。それは実際の車を見ないで概算を出してくれただけ、その後、傷やタイヤの状態、エンジンなど詳しく査定士という方が見られます。ここで仮決定されます。

その場で決めずに、値段を出してもらったら、一旦、帰ってもらいます。

交渉参考例あり 車買取査定はメールや電話の金額で即決するのは危険!

3、再交渉する。

先ほど一番高い額を出してくれたところを基準にして、再度、メールや電話で一番高いところが、50万円を付けてくれたのですが、もう少し何とかなりませんか?と、連絡を取ります。

大抵、この交渉で買い取り査定額が上がります。上がらなければ、最初に一番高値を付けてくれたところに依頼すればOK。

社名 見積額(円) 再提出の価格
Aオート買い取り 50万  55万 
B中古車サービス  45万  51万 
Cカー買取専門店  49万 57万 
 D下取りサービス 61万  61万 
Eネット.com  55万  62万 

もっと値段を上げたくて、D社さんは61万円を付けてくれましたと伝えると、

社名 見積額(円) 再提出の価格
Aオート買い取り 50万  – 
B中古車サービス  45万 
Cカー買取専門店  49万 – 
 D下取りサービス 61万  61万 
Eネット.com  55万  62万 

高値になる場合もありますが、採算が合わないと降りるところもでてきます。この辺りのバランスがカギになります。

ru-ru

ここで、さらに再交渉する人もいるようですが、相手から嫌がられた上に、価格は思ったように上がりません。しかも後から、いろんな名目であげた価格分を、どこかでつじつまを合わせられる恐れもあります。

あまり時間をかけて何度もやると、一番高値をつけた業者さんも嫌気を感じて降りてしまうと、値が下がる場合も。

手間の割にはあまり利がないのでオススメはしません。ただ例外はつきものなので、度胸がある方は再再交渉にチャレンジしてもいいかもしれません。私は無理ですが…。

同時に業者を呼ぶ方法もありますが・・・

ネット上では、いろんな方法が提案されています。とくに時間がもったいないからと、同じ日、同じ時間に一度に業者さんに来てもらって、自宅でオークションみたいな感じで決めさせる方もいるようです。

しかし、他の人も同じようなことをしていると、業者さんも策を考えるはずです。業者間であらかじめ連絡を取り合って価格を決めてから、あなたのところに来る可能性もあります。いわゆる談合というものです。

こうなると、もう正常な価格交渉は不可能になりますので、車の査定はほどほどで決定するのが安全です。

参考 車を売る時期は、いつ高く売れる?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告