車内が雨で臭い!カビ臭などを消す方法まとめ!

エアコンが臭い

車がカビ臭い!

そんなことになってしまったのは、大型連休に実家に電車で帰ることに。その間、車をしばらく乗らずに駐車場に置いていたらびっくり。

帰宅後、車で移動しようとしたら室内がカビだらけ。カビ臭というレベルではないくらい。雨で若干、水没・浸かってしまうこともあると思います。

台風シーズンで、くり返し何度もやってくるときなんて要注意ですよ。

もしもそんな事態に遭遇したら? 臭いを消す方法と注意点ついて下記にまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

車の臭いを消す-消臭スプレーが効かない!

消臭スプレー

消臭スプレーの効果がない場合。

カビの嫌な臭いを消臭・除菌スプレで消そうとされるなら、まずは車内の乾燥が先です。臭いの元を絶たないと、いつまでも消えないからです。

車がカビ臭くなるのは、車内の湿度が高い時間が多かったから

雨が降って傘を車内にひょいと入れっぱなしにしていたりして、湿気が換気されずにカビの繁殖環境が整ったからです。

そこでまず大事なのは、車内をしっかりと乾燥させること。

表面上乾いたとしても、車内のどこかに濡れたところがあれば、そこでカビが集中的に繁殖してしまうので、カビ臭さはなかなか消えません。

車の床のフロアカーペットなどにも、雨で水分がたっぷり含まれていたら、まず乾燥が基本です。内装に雨が染みている場合は、予想以上に浸透していてサビの原因にもなります。

もし自分でカビ対策をするのが不安な方、カビの胞子を吸って咳や呼吸器系に心配がある方は、業者に丸投げした方が早いし確実です。

車のクリーニング

乾燥したら消臭スプレー

ファブリーズ(車のエアコン用のイージークリップ・プレミアムクリップがあります。)や車用消臭剤が販売されています。それらを活用して消臭できます。

カビの臭いを芳香剤で打ち消そうとしがちですが、まず臭いの元を無くして消臭するのが先です。家の中でも生ゴミを放置したままでは、いくら芳香剤を置いたところで、臭いは消えません。

まずはこの2つを実行することです。

  1. 臭いの元を無くす。
  2. 消臭する。

消臭スプレーは、床、ドア部分、天井、座席(シート)も含めて使用しましょう。特に濡れていた部分は要注意。

忘れやすいのがエアコン。

エアコン内部もカビが繁殖しやすいので臭いの元。しっかり消臭しましょう。

注意したいのは、大抵、窓やプラスチック、金属類のところにはスプレーは不可のはずです。消臭スプレーの注意書きを読んで使用しましょう。雨の日は特に湿度に注意。

参考 車の窓を閉め忘れ座席にシミができた場合

注意事項

カビの胞子が車内に飛び散っている可能性が高いので、マスクや防護眼鏡を適切に使用して作業をしましょう。ビニール手袋も着用するのが良いかもしれません。

消臭スプレーにはアルコールなど、火気厳禁のものが使われている場合が多いので、火の取り扱いは厳禁です。

使用しない

カビキラーなどは車用ではありませんので、使用しないでください。

水酸化ナトリウム(アルカリ剤)、次亜塩素酸塩(漂白剤などに使用されています。)などが含まれているので、車内の設備やシートなどの悪影響を与えるからです。

セスキ炭酸水もアルカリ性ですので、車への使用は避けた方が良いでしょう。

もし使うなら車用を使ってくださいね。注意事項も要確認。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告