子持ちシングルマザーが選ぶ車とは?

抱っこするママ

シングルマザーで保育園(幼稚園)に子供の送り迎えをしているママが車選びをするなら、余り大きな車を選ばない傾向があります。

子供を乗せる場合も安全を考えると、助手席ではなく後部座席になります。また子供はすぐに成長していくので、次第に1人で乗り降りするようになります。

いまではなく、数年後のことまで考えて車は選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

使い勝手で選ぶ

ドライブ

燃費だけを考えると、すぐにハイブリッドを思い浮かべてしまいますが、元を取る前には相当な年月がかかります。

車両本体価格が高くなり、それを燃費の差額で取り戻すのは簡単ではありません。とくにシングルマザーの場合は、行楽地に行くにも自分1人で運転することになるので、あまり長距離を走れません。

無理して事故にでもなれば、お子さんの育児も大変なことになりますからね。そこで選ぶポイントは使い勝手で選びます。

乗り降りしやすい車

チャイルドシート2

まず車の駐車スペースが狭い場所が多いので、スライドドアを強くオススメします。子供を下ろすときに、隣の車とドアが接触しそうになるのでヒヤヒヤします。

あなたが細心の注意をしていても、子供が思わぬ行動にでてドアに足があたってしまい「ドーン」とぶつかってしまうケースもあります。

また急な強風でドアが「バターン」とぶつかることもあります。これは子供に限らずヒヤーッとしたことがあるはずです。

ですので、そんな心配がないスライドドアが子育て世代におすすめです。万が一、車のトラブルになった場合、1人で解決しなければならないので、そのストレスも相当かかります。スライドドアであれば、そんな無用な心配も必要ありません。

おすすめの車はこちら>> 子供を乗せやすい車|スライドドアが大きく開く軽自動車ベスト3

予算に応じて選ぶ

車の値段

車両本体価格に30万円くらいはプラスして考えてください。オプションや事務手数料もありますし、税金のことも考えると大きな車を選ぶのは避けたいところです。

お子さんと2人で、送り迎えやお買い物がメインであれば、あまりスピードも出せないでしょうから、軽自動車が選択としてはぴったり。

あまり無理して経済的に破綻すれば、元も子もないので無理は禁物です。ローンの返済も軽自動車であれば、今の低金利を考えると無理なく購入できるのではないでしょうか。

予算の都合上、中古車を検討される場合は、失敗のリスクを減らすためにこちらを参考にしてください。>>整備内容は大差無し!でもディーラーが売る中古車が高い理由

手持ちの車があれば、ネットで査定をしてもらうと、高値で買い取ってくれる可能性が高くなります。廃車寸前と思った車でも売れるケースが多いです。

まとめ

送り迎えするのに小回りよく、狭い道路でも運転しやすいスライドドアが選ばれています。燃費も良いですからね。

ただ、数年以内に両親と同居するのが決まっている場合、三世代を意識して大きな車を選ぶのもあります。

この場合は、ご両親に車購入の援助を期待できますね。>>3世代で同居する家族が選ぶ車のイチオシはこちら!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告