サイドミラーの傷を直すポイント

サイドミラー

新車が納車されて間もないのに、車を傷付けてしまうのが、このサイドミラー。

車幅感覚がまだしっくりこないときに、自宅のブロック塀などにこすってしまうケースがあります。

自分である程度の傷を補修する場合や修理を依頼される場合、検討材料をまとめましたので参考にしてください。

補足 類似・同意語句:サイドミラー、フェンダーミラー、ドアミラーはほぼ同じ意味。この記事では、表記をサイドミラーに統一しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

傷の種類と修理

車のサイドミラーの傷にも種類があります。

  • ぶっつかった相手側のペンキが付着しただけ。
  • 塗装が少しはがれた。
  • 深い傷。
  • 一部、盛り上がった傷。

このような傷の症状によって、直す方法もちょっと変わってきます。

では次に、詳しく見ていくことにしましょう。

自分で直す場合

ペンキが付着しただけの場合

手で触ってみて、周りよりも盛り上がっている場合は、単に相手側のペンキが付着しただけですから、なんとか自分でもメンテできそうなので自分で直します。

ポイントはゴシゴシこすらず、付着したペンキを浮かして落とすことです。やり方は簡単です。

  • サイドミラーを水をつけてかたく絞ったタオル(雑巾)で拭きます。
  • 乾いたら、シンナーを乾いた布に少ししみこませて、傷付いた部分をこすり付着した塗装が浮くか、はがれるか確認します。

料理でお鍋の底を焦げ付かせたのと同じような感じで、ペンキのこびりつき方はケースによってことなるので、シンナーの量や付け方は感覚に頼ることになります。

上記の手順で除去できればOKですが、もし下の塗装が見えてしまったら、傷の部分を埋めて、塗装して目立たなくします。

その後、入手しやすい『ソフト99【ペイント】Myタッチアップペン』などで補修のために塗ります。

傷が深い場合は埋めて塗装

思ったよりも傷が深く、塗装だけでは補修できない場合は、傷を埋める作業が必要です。

おおまかな手順

  • 洗浄と油分をあるスプレー(後述)で除去する。
  • 密着を高めるスプレーをかける。(後述)
  • 専用のパテで埋める。
  • 表面を整える。
  • 塗装

具体的にはパテというもので、傷を埋めてからその上に塗装を施します。サイドミラーの傷を埋めるのに、擦り傷が深いとペンキだけでは埋めるのに時間がかかるのと、綺麗に修正しにくいのでパテを使います。

豆知識 傷の大きさによってパテの種類は変わります。

傷の深さが2mm以下で、直線上に傷が付いた場合を想定して、埋め方を紹介します。

こんな場合は『バンパーパテ』を使うと凹みを埋められます。

深さ5mm対応しているので、大抵の傷は『バンパーパテ』で修繕できます。バンパーって名前が付いていますが、サイドミラー(ドアミラー)も埋められます。

バンパーパテの用途

深さ5mmまでの樹脂バンパーや、サイドモール、ドアミラーなどのキズ埋めに!樹脂パーツの補修に適した、弾力性のあるエポキシパテ!

バンパーパテで凹みや傷の埋め方【前処理】

パテを使いこさせれば、少々の傷なら自分で傷を埋められるようになるので、車をピカピカの状態に保つことも可能です。

サイドミラーの場合は、バンパーパテ(2液性エポキシパテ)を使うと綺麗に埋められます。

前処理

サイドミラーはパテやペイントが密着しにくく、下手をすると後からボロボロとはがれてきます。

そこで密着力を高めるために『99工房 バンパープライマー』という密着を強くする下地処理スプレーを吹きかけます。

くわしい手順 塗装前の下地処理のやり方【油分の脱脂】

油分を取るのに専用のものを使いますが、慣れれば食器を洗うのと大して変わらないので、ぜひチャレンジしてみてください。

油分をしっかりと除去したら、いよいよパテで凹んだ傷を埋めていきます。

パテで埋める

バンパーパテは主剤と硬化剤という2つを混ぜて使用します。混ぜる割合は説明書に記載されています。(余談 ハンバーグを作るときの肉とつなぎのようなイメージかな。ちょっと違うかな(汗))

しっかり混ぜたら、付属のヘラを使い塗っていきます。ポイントは傷の部分よりも広めに塗るようにします。

硬化するのに約1時間程度かかります。冬の寒い日だったら2~3時間かかる場合もあります。別の所にダミー(仮)に塗っておくと、乾いたかどうか確認できるのでオススメ。

乾いたら表面を整えるために、ペーパーで磨きます。
表面がすべすべになったらOKです。

この後、塗装に入ります。

鏡の部分に傷がついた場合

残念ですが鏡の部分は、補修ができない上にコンパウンドなど超微粒子でこすっても、鏡が曇ってしまったり、余計に傷が付く場合もあるので、専門業者に鏡の交換を依頼した方が早くて間違いないです。

交換料金も数千円でできると思います。見積りはすぐにでるので依頼の方向で検討しましょう。

業者に修理を依頼する場合のポイント

車がピカピカ

ここまで紹介した手順は、ちょっとできそうにないと感じた方は業者に依頼しましょう。

傷を業者に依頼される場合、塗装(修理)を依頼すると修理費用5000~1万円前後かかります。格安のところでは、しばらくすると塗装がはがれるなどのトラブルもあるので、価格で選ぶのは危険。

信頼のおける修理工場を選定する場合は、例えばトヨタ車であれば、トヨタ指定サービス工場を選ぶと品質面では安心

公式サイトなどで、陸運局より第一種整備工場や民間車検工場の『指定』を受けているなど、表記があれば大丈夫です。

ただ信頼性が高い分、価格も高いです。その辺りも考慮して修理に出しましょう。(塗装専門のところは、必要性がないので『指定』を受けているところはまずありません。)

サイドミラーの傷が大きくて手に負えそうになければ、修理も半日程度で終わり10000円程度で直せる場合もあるので、一度、見積を取ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告