車の補修用パテの選び方のポイント【用途・種類ほか】

赤い車の傷

ガリッとブロック塀にぶっつけちゃった。車を降りて確認すると、かなりパンパーが深いえぐれたような傷に唖然。

車を運転していると、いろんなトラブルで修理をすることってありますよね。

そこで修理屋さんのお世話になるか、自分でなんとかできないか考えて、「一回、自分で直してみようかな~」というのが、私が始めてペイントしたきっかけです。

この記事では深い傷を埋めるのに無くてはならない、パテについて詳しく解説します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

パテの種類

パテにはいくつかの種類があります。

  • 小さな傷
  • 大きな傷
  • 広範囲の傷
  • 車の部位
  • 材質
  • 耐熱
  • 強度
  • 衝撃・振動

パテを選ぶときに、どの項目の性能が必要なのかを考えてから、パテを購入するようにしましょう。

車の補修の中でも特に人気のsoft99という商品をまとめました。入手しやすいので参考にしてください。他のメーカーを使う場合でも、種類などは参考になると思います。

soft99のラインナップ

用途 商品の名称 補足
小さな傷 うすづけパテ  色別あり・ドア 
深さ2mmの小さな傷
 大きな傷 厚づけパテ  色やお徳用あり。ボディ用
直径15cm以内または深さ20mmまでの凹み傷 
 深くて大きな傷 超軽量パテ  厚づけパテを上に塗る。
直径20cm以内、深さ3cm以内のへこみ
複雑な形状  ねんどパテ  ねんど感覚で使いやすい。 
埋められる範囲の傷ならOK
バンパーの広い傷  バンパーパテ  全塗装色・サイドミラー 
直径20cm×深さ3cm までの大きなヘコミ
 細いバンパー傷 うすづけパテ  樹脂バンパー・深さ2mmまで。 
バンパーの深い傷  バンパー用ねんどパテ  複雑な曲線が得意。
バンパー用ねんどパテで埋められる範囲の傷。
マフラー小傷 マフラーパテ  20mm以下のマフラーの補修 
マフラー大傷  マフラー用耐熱ねんどパテ 耐熱温度200℃ 
衝撃・振動  FRP強化パテ   ボディ・ドア等のひび割れ補修
FRPの振動  グラスファイバーパテ  FRP製パーツ全般の補修 
アルミホイール  アルミパテ   アルミホイールの補修
 小さな傷(金属~樹脂) 光硬化パテ  太陽光で硬化 
2mm以下の小さなキズ。

用途の幅が広いパテ

パテの種類は上記の表だけでも13種類。さらに色別やお徳用の缶などを含めると、なんと25種類もあって、迷ってしまいますね。

小さな傷なら光硬化パテ

そこで2mm以下の小傷なら、用途の幅が広い光硬化パテがおすすめ。

マフラーなど耐熱の用途には使えませんが、小さな傷であれば光硬化パテは使いやすいです。晴れた太陽がでているときなら最適。

スプレー式ではなく、接着剤などのボンドタイプなので塗りやすく、マスキングの必要もないのて手軽に傷を埋められます。

バンパーの線になったこすり傷には最適。

バンパーパテは、バンパーの広範囲やサイドミラーにオススメ。

車のトラブルはバンパーかドアが最も多いです。こちらの記事を参考にしてください。

参考 サイドミラーの傷を直すポイント


うすづけパテは、深さ2mm以下の浅い傷用。

ごく浅いひっかき傷や厚づけパテを磨いていたら、空気が入っていて凹んでしまった。そんなときにはが補修に便利。あまり深い傷には不向きです。

厚づけパテは、ドアやボディの部分の深い傷用。

駐車場に止めていたら、ドアが凹んでいる。そんなときには厚づけパテが最適。駐車場に止まってる車をみると、厚づけパテで直せば良いのにな~と思います。

参考 車の塗装(ペイント方法)入門編その1

参考 車のペイント方法 入門編その2【塗り方・マスキング・重ね塗り】

まとめ

バンパーパテや光硬化パテ、うすづけパテ、厚づけパテなどが用途としては広いので、用意しておくといいです。

業者に出すほどじゃないけど、傷をそのままにするのは心が傷む。そんなとき、車の補修用パテがあれば、サクッと自分で直せるので手軽です。

きれいに直せたら、友人に依頼されるかも。

パテの特性を活かして適材適所に使用すれば、嫌な傷痕ときれいに直せるのでチャレンジしてはいかがですか?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告