新車の購入で値引き下取りあり|手続き順序が逆で損をする!

現金化

新車を購入するとき、車の下取りがあれば値引き交渉もスムーズにはこびます。

「でもちょっと待ってください。」
「その値引き、本当は損しているかも!」

そんなことがないように、もう1度見直してみましょう。これで家計費が十万円以上も助かるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

家計費が10万損する

通常、車を購入されるときは、ディーラー(車の販売店)に行って車の下取りをしてもらって、見積もりをもらうのが一般的だと思います。

私も以前は、その流れで車を購入していました。

新車の車両本体が200万円、ディラーオプションや手数料、保険と込みで240万円。

「そこからいま乗っている車の下取り+値引きで、お支払いの合計がちょうど200万円となります。」

「あ、分かりました。」で終わるか、「もうちょっと何とかなりませんか?」と交渉して、若干値引きが増えるか、タダでオプションを1つオマケしてもらうくらいではないでしょうか。

でも、この手順だと10万、20万損しているかもしれませんよ。

順番が逆

どこが逆なのかというと、いきなりディーラーで見積もりをしている時点で失敗しています。

ディーラーは、新車と下取りをセットで考えて見積もりの帳尻を合わせてきます。それでは、本当の下取り価格や新車の値引き分が、あいまいになってしまいます。

そこでまずは、車の下取りを他の業者さんに見積もりしてもらい、愛車の価値を評価してもらいます。純粋な車の値段を出してもらうのです。

それから新車の価格のみの場合と、下取り車ありの場合の2種類を、ディーラーさんに出してもらいます。

こうすることで、損をするのはどちらか分かるわけです。

新車ー値引き+(オプション+諸経費の価格)=230万円

(新車ー値引き)+(オプション+諸経費の価格)ー下取り=200万円

ディーラーの下取り価格は30万円

中古車査定の専門業者の出した車の値段 45万円

ディーラーで下取りしてもらうと、15万円損することになります。

このように、比較することであなたの車の買い取り相場が見えてきます。実際には、車の価値を査定してもらうのに、複数の業者から合い見積もりを出してもらい判断します。そうすると、より正しく愛車を買い取ってくれるところが分かります。

いまは簡単にネットで申し込むと、業者さんがあなたの車を家や指定した場所まで、足を運んできてくれます。

そこで一番高値を出してくれるところに、売れば損をしません。玉子1パックを節約するよりも張るかに大きな額を得ることができます。

まとめ

「ディーラーから先でも同じじゃない?」という方もいます。確かに同じことなのですが、先にディーラーに行ってしまうと、そこで決めてしまう方が多くて、損をしてしまいやすいからです。

新車が欲しくて仕方がないときに、ディーラーにいけばすぐに買いたくなって、別のところで査定してもらうのが面倒だな~と、自分に言いきかせてしまうからです。

だから先に査定業者さんのところに行くのです。新車を買われる場合の参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告