車買取査定はメールや電話の金額で即決するのは危険!

スマホで電話

ネットで手軽に車の査定を依頼できるようになり、わざわざ店頭に足を運ばなくてもできるようになりました。

必要事項もスマホでチャチャチャっと、入力できる手軽なので見積もりも素早くだしてもらえるようになりました。しかし、手軽だからこそのトラブルも発生します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

即断即決は避ける

現在の中古車の市場は、良質の車が少ない状況です。

その理由は、同じ車を長く乗る様になったこと。長引く不況で新車の販売台数が伸び悩み、バブルの時のような新車を購入して最初の3年目の車検で買い換えるということがなくなり、6~10年は乗る様になり、結果的に走行距離が伸びる傾向にあります。

長く乗るとそれだけ車へのダメージも大きくなるため、状態の良い車を業者間で取り合うようになります。

だから車の査定を依頼すると、すぐに連絡をとってくれます。まず放置とか、忘れていましたなんてことにはならないでしょう。

売る車がない

中古車販売店には、たくさんの車が並んでいますが、状態が良くて人気の車はすぐに売れてしまいます。そこで売上を上げるために、どこのお店よりも先に私達のところに出向いて、買い取る必要があります。

「後でいいや」なんて対応では、すぐに売られてしまいます。

でも業者さんは商売なので買い取る場合は、このようなポイントを外さないようにします。

  • 出来るだけ早く買う。
  • 安く買い取る。
  • 高く売る。

これが出来る営業マン。

このような条件で愛車を買い取るということは、私達からしてみれば、大切な車を安く買い叩かれる恐れがあるわけです。

こちらとしては、『できるだけ早く、高く売れて欲しい。』というのが本音。

下取りで失敗しないためには

早く高く売りたい場合、複数の業者さんから車の見積もりをもらうのが失敗しないコツ。

もし1社だけで値段を出してもらうと、それが高いか安いか分かりません。比較対象がないから判断できません。決断するのが早いのは良いことなのですが、慎重さも求められます

特にネットの査定は業者さんもスピードが命。ライバルよりも先に見積もりを出してすぐに買い取りたいから、少々の強引さはあります。

それを理解することで、「今日、買い取らせてもらえば1万円高く・・・」という言葉に焦らないですみます。

交渉の決め文句

  • 「あと2社さんから出してもらっ決めます。」
  • 「主人に相談してから。」
  • 「両親ともよく相談してから決めます。」

などの理由で、少しだけ先送りして複数社の金額を見てから決めるのが賢い査定です。頼りになる友達に、同席してもらうと心強いでしょう。高く売れたら、ランチでもご馳走すれば喜ばれます♪

まとめ

買い取り査定をしてもらうときは、複数社から見積もりをもらって比較してから決定するのが、高く買い取ってもらえるコツ。

はやる気持ちをおさえて、一呼吸(最低でも一晩)置いてから、愛車を売るようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告