教育費と車の予算|破産しない為の支払いシュミレーション

支払い

教育費と車の予算を考える場合、いくつかのケースに分けて考えないと、子供を学校にやれないばかりか、給食費すら払えない状況に陥ります。

実際に、ローンが払えずに借金地獄に転落してしまう場合も多く見られます。目先の収支だけをみていると失敗します。

そこで可能な限り失敗を避けるための考え方、シュミレーションをまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

教育費

小学生から大学生までにかかる費用を例として掲載します。

こちらは私立の場合(数字の単位は万円)

小学校私立

こちらは小中高と私立の場合の費用です。
だだし大学は国公立の場合も想定しています。

私立大学

下記は小中高と公立の場合。

小学校公立

大学は、小中高は公立で、代が気が私立と国公立の場合
親元を離れる場合と自宅から通学する場合でも予算は変わります。その辺りも余裕をみているつもりですが・・・

公立大学

上記を参考に、まずは家計費をチェックするために、家計簿を開いてください。もし家計簿をつけていない方は、すでに危険水域に入っている可能性があります。

収支を把握していなければ、どんぶり勘定になっているので、多くの破産者が口を揃えていうあの言葉を、自分も発することになる可能性大です。

「まさかうちが破産するなんて。」

「まさか、会社が倒産するなんて想定してなかったから。」

実際に私の友人がこのような言葉を発しましたが、残念ですが車を手放すことになり、自己破産してしまいました。子供も塾にも行かせてあげられなくなりました。

月々にどれくらい、貯蓄に回さなければ教育費が足りなくなるか、計算しておく必要があります。

教育費の予算

小学生から大学までの教育費用の概算を紹介します。私の周りで実際に支払いした方や、他の方の情報などを総合的に考慮していますが、地域差などもあるのであくまで参考程度に考えてください。

小学校~高校までは公立、大学は私立の文系だとすると、

教育費に1150万円は必要になります。

高校までのおおよそ必要な教育費です。

小・中・高と全て公立 全て私立
510万円 1544万円 

※注 公立の授業料は無償化がいつ打ち切られるかもしれません。

さらに大学に行く場合は、下記のような費用は預金しておく必要があります。

国公立 私立文系 私立理系
300万円 640万円  710万円 

現在のお子さんの年齢がいくつかによっても異なりますが、親の年収と教育が密接に関係していることは予想できると思います。

小学校~大学まで私立(大学は理系)だとすると、

教育費に2254万円は必要になります。

収支と預金額をチェック

預金残高をチェックしたら、つぎに収入と支出を再チェックします。

家計費

将来はボーナスが無くなるリスクもあるので、このような場合は、ボーナス払いは避けた方が良いでしょうね。

バブル期やリーマンショックでボーナスがゼロという企業も多発したからです。手当てなども見直されて、収入が劇的に上がるのは期待できません。

シミュレーション

小学校~大学まですべて私立の場合

難しい計算を抜きにして、多少の貯蓄があるとすれば、教育費は1年で約135万円、毎年必要だと考えてください。月々に直すと、月11万程度は必要です。

小学校~高校までは公立 大学は私立の場合

高校までは毎年43万円弱(月々3万6千円弱)、大学は年160万円(月々13万円ちょい)。

これに自動車のローンや頭金が必要になります。

月々の収入ー(家の総支出+教育費)=貯蓄+自動車の購入費用

例)40万円(ボーナスなし)

仮に収入がご夫婦合わせて月40万円と仮定。
お子さんは小学生が1人と想定。

家のローンや光熱費や保険、食費などの必要経費の支出を差しいた残りが預金になります。

教育費は全て公立に設定。

収入40万円ー(家計の支出30万円+教育費3万6千円)=残り6万4千円

この残りから貯蓄と自動車のローンに振り分けることになります。

※注 貯蓄はお葬式代、車の修理費など不足の事態に備えて必要になります。

一度、家計簿で計算して、いくらの車が購入できるのか検討しましょう。きっちりと計算しないと、途中で車のローンの支払いができなくなり、車を手放すか家が破産します。

家のローン

家計を健全化するための1つの方法として、借り換え等の見直しをしましょう。教育費だけではなく、家のローンなどもあると、車を購入するための費用はさらに厳しくなります。

最近は金利がとても低く、ゼロ金利政策の恩恵も受けられるので、バブル期とは比較にならないくらい、低金利で借りられます。

このため自動車ローンも、安く支払いができるのでチャンスです。生命保険や自動車保険も見直すと、年間5~10万円を貯蓄に回すこともできます。

自立まで含めて親の教育?

私の友人の家では、大学は子供が自分で行きたいなら、一度社会に出て働いて、お金を貯めてから行くように小さいころから教育していました。

「大学は行きたければ自分で行きなさい。」という考え。

実際に親が払ったのですが、社会にでてから家に返済させるようにルールを決めていました。

その取り決めのおかげで、子供が大学の在学中もできるだけ、アルバイトでお小遣いもまかなって、親の負担は最小限だったそうです。親も年金も貰えない可能性もあるので、将来の年金になる預金を取り崩してまで、無理して行かせなくても良いのではと思います。

その方が、本人も真剣に学業に取り組むと思います。そのお子さん、無事に卒業が決まり、公務員に合格されたそうです。これから毎月、親に返済していくそうですよ。

奨学金で破産

親が家計簿をつけない子供も、お金の計算をしないので破産する可能性が高くなります。

お子さんが奨学金を借りて大学にいく場合、いざと言うときは親が返済を肩代わりするだけの覚悟がないと、安易に借りるのは避けた方が良さそうです。

4年後の経済は不透明

4年後、社会情勢がどのように変化しているのか、誰にも読めないため万が一、大学を卒業してすぐに就職ができない場合、奨学金の返済が重くお子さんの肩にのしかかることになります。

奨学金が返済できないため、女性の場合は水商売など夜のお仕事にどっぷり浸かって、何の為に大学に行ったのか訳が分からなくなるご家庭も続出しています。(ニュースでも取り上げられて社会問題化しています。)

そこまでして大学に行っても景気の状況1つで、簡単に生活が苦境に陥ります。アルバイト生活も厳しいので、返済に困って・・・を落とすニュースも目にする機会があるので、本当に慎重にならなければいけません。

借りたお金の支払いはかなり大きいので、最悪の事態を考えないと大学の意味が無くなります。いまは超一流の大学でさえも、就職できない学生がいるので、じっくりお子さんと話す機会を設けないと、あとで後悔したときには、すでに時遅し・・・ということになります。

まとめ

車の購入1つでも家計が破綻します。子供の将来にも大きく影響を与えるので、車を購入する場合は、これからの20年先くらいまでの生活設計を考えて検討しましょう。

車も20年の間に、2~3回購入されるでしょうし、車をもう1台増やす必要があるかもしれないからです。

このように考えると、家計の計算はとても面倒で、子供の進路も不確定要素が大きいのですが、教育に予算を回せない場合は、お子さんに現状を包み隠さず伝えて、公立高校や国公立へ行けるように、勉強してもらえるように伝えましょう。

無理して大学にいかせても、力がないと就職してもすぐにはじき飛ばされてしまいます。

それが無理だったら、借金してまで大学まで行かせるメリットはありません。それだけライバルとの就職先を勝ち取るのも厳しいからです。

ぜひ、この機会に車を含めて生活設計を見直すきっかけにしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告