中古車の流れ【売買・売却】図示で早わかり!

私たちが愛車を売って、また中古車を買うまでの流れを簡単に図示しました。

中古車の売買の流れ

実際には下取り業者さんは、複数の種類があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

下取り業者

車を下取りして車専用のオークション(一般の人は買えません。)で売られるルートがあります。

車を下取する主な業者
1、ディーラー系の下取り(新車を買う時) 
2、中古車の買取専門店
3、中古車を販売するところで買取

1、新車を購入される場合、今乗っている車を下取りして頭金などにされるのが、ディーラー系の下取り。

2、中古車の買取だけを専門にする業者さんは、買い取った後にオークションで車を販売して個人には売らない。

3、中古車を販売しているところは、オークションと個人から車を買取ます。

なぜ、オークションで売ったり仕入れる?

業者さんに車を下取りしてもらうのは分かります。しかし私たちの車を買った後に直接個人向けに売らずに、わざわざオークションで売る理由が分かりませんでした。

その逆の中古車販売業者さんが、オークションで車を仕入れる理由もイマイチ謎でした。なぜ、このような複雑な車の売買の流れになっているのかを調べると、ある事情が分かりました。

疑問

例えば私の車を中古車販売業者さんが買ってくました。ところがその車が売れなかった。地域に私の車を欲しい人がいなかったということです。

そのまま売れない車を持っていると、資金が不足して新しい車が買えません。しかも中古車は生鮮食品と同じで、持っているだけでどんどん値が下がっていきます。(その車の新型がでると旧型になって価値が下がるから。)

deru-okane

そこで仕入れるために、売れない車を一旦お金に換える必要があります。それでオークションに出して売るわけです。

また中古車販売業者さんも、売れる車ばかり個人から買い取れるとは限りません。自分の地域で、売れる車ばかりを買い取れないので、人気車種の商品はすぐに売れて無くなります。そこでオークションで買うわけです。

でも、またここで1つ疑問が。売れない車をオークションで売って、なぜ買い手がいるのかが疑問でした。

その理由は、1つは地域差です。分かりやすくこんな例で説明します。

例えば北海道の方が乗っている4WDの車を、引っ越しで静岡県に持って行きました。その後、車を売却したのですが、静岡では4WDの需要があまり無いため買い手がいません。

japan

そこで山梨県のオークションに出して、売れる地域の業者さんに買い取ってもらうわけです。静岡県で売れなくても、山梨県だったら山間部が多く雪がよく降るので需要は見込めるからです。

このように欲しい人と売りたい人の需要をオークションで橋渡しするわけです。車は売れないと、どんどんオークションで転々としていき、やがて欲しい持ち主のいるところに流れ着くわけです。

これが中古車買取の流れです。

このように車の売買の流れが複雑になりますが、私たちにとっては欲しい車を近くで手に入れられるチャンスが増えます。

人気車種はすぐに売れる

欲しい車はすぐに無くなるので、頻繁に中古車販売店に足を運ばないと、なかなか見つけられないことです。そこで最近はネットで、在庫の確認ができるように。

また売る場合、複数の査定業者さんに、ネットで一括で簡単に査定の見積もり依頼ができるので、いちいち店舗に出向いたり、1店舗ずつ必要項目を入力する手間が1回でできるようになりました。

買う場合も売る場合も、ますます便利になりますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告