かっこいい車とダサイ車の区別はどこで決める?

迷う女性

世界中のある車は、デザインも様々でかっこいい車、ダサイ車があります。

でも、その「かっこいい車の定義を教えてください」というと、答えられる人はほぼいません。

デザインの前に1つ重要なことがあります。下記がダメダメであれば、どんな素敵な車も他人からみたら、残念な車と感じてしまいます。

  • 車が常にピカピカ、きれい。
  • 外観に傷がない。
  • 変な音もせず、整備されていて調子よく走行できる。
  • 車内がいつもキレイ。

では、一体、どのようにすれば失敗しない車を選べるのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

好き嫌いの判断は、どこで決めるかがポイント

車に限ったことではなく、人でも動物でも、家でも家電でも同じ様に議論になりますが、明確に答えられません。

そもそも、車のデザインはどこで判断するのかというと、脳が判断しているわけです。頭の中にある過去の情報と比較したり、遺伝的なものもあって判断を下しているのでしょう。

爬虫類が可愛いという女性もいれば、気持悪い、怖いという人もいます。そもそも判断基準なんてないのかもしれません。

だから車は、人の判断や人気車種で選ればずに、自分がかっこいいと思える車に乗るのが正解だと思います。

でも日本人は、たとえ自分が良いと思っていなくもて、周りの人が良いといえばそれに習ってしまいます。

結局は自分の判断を心のどこかに押し込めて、ガマンしてその車に乗ることになります。

判断基準を、自分の心の中にあるもので決める自己判断か、他の人の意見を参考に決めるのか、どちらにあるかで変わります。

車をデザインする人の感性と買う人の違い

自動車メーカーは、デザイナーがいて車のボディラインや形を決めていますが、売れるかどうかも判断基準になっています。

そこでもある基準があります。

他社メーカー車を基準にしているのか、自社の過去のデザインを基準にしているのか、購買層を意識しているのか、年齢や性別など多岐にわたる判断基準があって、車のデザインが決められています。

ですから「トヨタ自動車の新型プリウスがカッコイイ!」という人もいれば、日産好きな人からみれば、「ダサイ」となるので、デザインの評価は他人を参考にするのは間違いだと思います。

もし他人の感想や意見を参考にするなら、いつまでも決められません。1億人いてもかっこいい車の好みは違うからです。

デザイナーも自分が好きな車をデザインできるとも限りませんし、制限や条件もあります。

車選びに迷ったら

どちらが良いか迷う女性

最終的には自分で自分に問いかけると、失敗しない選択ができます。

「結局、あなたは、どの基準で車を選ぶと幸せになりますか?」

これに尽きると思います。人の意見で決めてしまうと、のちに後悔することもあれば、「やっぱりこれで良かった」という人もいるでしょうね。

雑誌のランキングを見ても結局は迷うでしょう。車に迷ったら、どの車が一番かっこいいのかを、自分で実車をみてランキングをつけてみると、納得して購入できると思います。

それでも満足しない人は、永遠にかっこいい車を手に入れられないかも。もう少し未来では、自分のデザインした車に乗れる時代も来るかもしれません。

でも仮にそうなったとしても、おそらく今よりもさらに悩むことでしょう。デザインってホントに奥が深く、答えがでないものです。

最終的には、ときめいた車を選びましょう♪

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告