車の傘ホルダーどうしてる?人気の商品を見てみた

雨と傘

梅雨時期、雨の多い時に困るのが傘の始末。

そのまま車内の床に立てかけたり、寝かせたりしています。

でも、傘からしたたる水は結構な量がですね。車のサビやカビの原因にもなります。車を売るときの査定にも影響するかも。

そんな時に役立つのが車の傘ホルダーですね。便利な傘も見つけました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

人気の傘ホルダー

大きさは、持ち手を含めると縦が70cmで幅が17cmくらい。

思ったよりもコンパクトなので、それほど設置場所を取りません。ささっと、傘を差し入れるだけなので、時間もかからず便利です。

雨が降っていないときも、そのまま車に設置していても、気にならないと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンブレラケース 車 傘 ホルダー 傘入れ 携帯傘カバー
価格:1280円(税込、送料無料) (2019/2/27時点)

傘ホルダーに溜まった水は、横に方向けると簡単に排出できる構造に。何よりもこれで、車内が雨水で濡れないのが良いですね!

以前は、車のフロアマットに寝かせていたので、車は濡れるし傘は汚れるので最悪でした。

それに一度、傘を踏んづけて壊してしまったこともあります。壊れるときってあっけないですね。それが傘ホルダーで全て解決できるのですから。

傘立てと違って、つり下げ式なので足元が邪魔になりません。ただ問題なのは、運転席には設置できません。後部座席専用です。

運転席用の傘を採用

子供は傘ホルダーで解決しましたが、問題は運転席側の傘。足元が抜けるのがいやですね。バッグが濡れたりも避けたい。

そこでふと、テレビをつけたらNHKで、さかさま傘という商品が紹介されていました。そう言えば、別の番組でも見たような記憶があります。

どんな構造化は、商品ページで詳しく紹介されています。
↓  ↓  ↓

車に立てると自立してくれるので、足元が濡れません。これは母や父にもプレゼントしてあげたくなりますね。

あと気に入ったのが、傘の先端の形状。尖っていないので、電車に乗るときも安全性が高まります。バスでも周りの人に迷惑をかけないので、みんなこの傘を使ってくれないかな。

これで車内が雨の日でもべとつかず快適です。カビの発生も最小限に抑えられるので、車を売る時も、きれいな状態を維持出来ますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする