【新車を買う時】買取と下取りの違い!どっちが得?

車とお金と女性

新車を購入する場合、車を中古車として売る場合と、ディーラーで下取りしてもらう場合、どっちが得なのか気になります。

調べて分かったことは、かなり微妙な結果になるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

度が過ぎた値引きの影響

価格破壊は、車業界も襲ってきました。

「とにかく、何でもいいから安くして!」気持は分かりますが、コストや利益を考えないと、世界中の企業が倒産してしまい、原始時代に戻ってしまいます。

新車を購入する場合、すでに車がある場合は下取りして、新車の購入費用から引いてもらいます。

例えばスズキのワゴンRに乗っていて、次も新型のワゴンRに乗る場合。新車が150万円とします。いまの車は中古車として30万円ほどの値がついたとします。

sitadori-sagaku

新車150万円 ー 下取り30万円 = 120万円が支払う金額になります。

売れ筋の新車は値引きは、数万円くらいの時もあります。

「5万円が限界です。」というディーラーに「もう一声」なんて、八百屋で負けてもらうように言っても、かなり厳しい。最終的には上の方の決済になるのですが、新車の値引きはメーカーとの問題もあります。

そこで下取り価格の30万円を33万円にして、全体として3万円をさらに値引きされます。

sitadori-sagaku-2

しかし、これ以上の値引きを要求しても、実際にはかなり難しい。メーカーから車が納入される金額は、けっこうギリギリなんです。販売促進費などの名目で、台数に応じてボーナスのようなものが入る場合もありますが、かなり売らないと厳しいのが現実。

こういうお客さんが増えてくると、「最初から下取り額を安めに見積もって調整しよう。」という、変な見積もりになってしまいます。度が過ぎた値引き要求はあまり得にはなりません。また新車の場合は、トラブルが発生した場合などもお世話になるので、できればほどほどに。

下取り専門店の場合

下取り専門店の場合は、ディーラーと違って価格を調整するものがないので、価格が厳しい感じがしますが、実は高値で売れるのは下取り専門店のケースが高くなります。

下取り専門店は、お客さんから買い取った車を、車専用のオークションにかけて売ります。そこでできるだけ高値で売るわけです。もちろん町の中古販売店で売る場合もありますが、オークションで買い取る業者さんが、中古車販売店です。

ディーラーとの大きな違いは、販売ルートを複数持っていること。得意な車種だったら、ディーラーよりも高く売る自信があるので、買取価格も高めに設定できます。この違いが、新車購入のときに下取りしてもらうよりも、買取専門店の方が高く買い取ってくれる理由です。

だからまず、買取専門店で見積もってもらい、その後で下取り査定をしてもらうと、両社の差が分かるので、損をしないで高値で売れます。

いまはネットで業者さんに見積もりを簡単に依頼できるので、それほど手間もかからず数万円、十数万円もの差になるかもしれません。上手に利用したいですね。

ディーラーと買取業者の垣根

買取業者さんの方が有利な展開ですが、新車販売のディーラーさんによっては、高く下取りしてくれるケースもあります。

売れ筋の車だったり、売れる時期と合致していると、予想よりも高くなる場合もあります。この辺りは実際に見積もりを取らないとわからないので、両社に査定しないと損をしてしまいます。

このように条件によっては、垣根がなくなります。ちょっと結論としては微妙になりましたが、まずは見積もりへ。

まとめ

現在は状態の良い車が少ないので、もし売りたい車の状態次第では、買取専門のところで見てもらうと、5万10万より高く値段がつくかもしれません。

買取査定のサービスをうまく活用したいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告