カーナビは純正品は運転中に操作はダメ!という常識はもうすぐ変わる?

カーナビ

家族で旅に出かける時に高速道路で運転中、行き先を途中で帰ることがあります。
(記事内にカーナビの保証情報有り)

そのとき、カーナビを操作するにはサービスエリアで駐車してから操作できないのが不満です。いまは音声認識で運転中でも多少は操作できますが、操作性はイマイチ。

もちろん運転手が操作するのは、事故の観点からはダメなのは理解しています。でも助手席の人まで使えないのが不満。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

純正品以外なら操作できる

法律上はどうだかわかりませんが、ディラーでなければカーナビを付けてもらうと、走行中でも運転は可能になります。

禁止されているのは、あくまでも走行中のドライバー。助手席の人は操作しても、何の問題もありません。

うちの場合は、純正カーナビが故障して修理代がかなり高くつきそうなので、新しく買い換えるときに検討しました。

ナビを買う時に「走行中に助手席の人が操作できるカーナビを探しています」といえば、可能な機種を教えてくれるので安心ですよ。

ちなみに特別な機器の取り付けとかは必要ありません。ネットで購入したナビをオートバックスなどでも取り付けてくれますが、店舗で購入するよりも取り付け料金は高いかもしれません。

忙しい時期は断られる場合もあるようです。買う前に問い合わせてみましょう。(車を売る場合には、外してもらい新しい車に乗せ替えられます。)

注意点

純正ナビの場合は保証期間が3年、車検なども受けると7年保証というプランもありますが、純正ナビではない場合、家電と同じ1年保証になります。

ただし店独自の保証制度もあり、追加で保険のようなものに加入すれば、3年保証というように保証期間を延ばすこともできます。

最初に購入したナビは2度、初期不良で交換しています。故障率は分かりませんが、保証は長い方が安心です。とても1年では不安。

オートバックスやイエローハットは3年/5年の長期保証が有料オプションで選べます。保証料はかかります。うちは5年保証に加入しました。

そういう心配がある方は純正か、保証の長いお店やプランを選びましょう。

もうすぐ運転手も操作できる?

近未来

まもなく、運転手も操作できるようになるかもしれません。それが自動走行モード。

2020年頃には、高速道や一部の道路で自動走行運転が許可されるかもしれません。そうなればドライバーは、ハンドルを常に握らなくても車が勝手に動いてくれます。

そうなればカーナビの操作も法律上も可能になるでしょう。まもなく、そういう近未来のようなことが現実になりそうで、わくわくしてきます。

自動運転になると自動車学校も必要無し?

自動運転モードとカーナビのシステムが融合すれば、タクシーに乗っている感覚になるので、車の免許も必要なければ、タクシーやバスの運転手も失業すると言われています。

その時代もすぐそこまで来ているのかもしれません。当面は業界団体の反対や事故などの問題で自動運転の場合でも免許が必要になるでしょうけれど、実際に事故が発生したとしても人間が運転するより、事故率が極端に下がれば反対する人もいなくなるかもしれませんね。

その時になれば、「カーナビは純正品は運転中に操作はダメ!」と言う議論すら無くなりますね。近未来、早く見てみたいものです。業界の方、ごめんなさい。(うちの親せきでタクシーのドライバーがいらっしゃるので、あまり大きな声ではいえない。)

車は売れなくなるかも

自動車メーカーは自動運転を実現するために必死になっていますが、喜んでばかりもいられません。

先ほどはプロドライバーが失業する話しを紹介しましたが、車も売れなくなりそうです。その理由は簡単で、車のレンタルセンターにスマホで時間を予約すると、家まで車が届きます。

その車に乗って行き先を告げると、そこまで自動運転でいく事ができます。つまり自家用者の概念が完全に覆ります。車は所有するものではなく借りるもの。そういう時代が近づいています。

もちろん毎日、仕事で使う人は、いままで通り購入されるでしょう。でもそれもかなり人が減りそうです。荷物を載せっぱなしにしないのであれば、朝だって通勤で予約をすれば来てくれるのですから。帰りも予約すればOK。

急な仕事で時間が変更になると、車が無くて待ち時間が長くなる欠点もありますが、車を所有するよりも料金が随分安くなるなら、それくらいはガマンできそうじゃありませんか?

まさか、最新の車を開発したら車が売れなくなるなんて、まだ真剣に考えていないでしょうね。

※注 いままで車に乗らない人も手軽に移動できるようになると、車配送センターに待機する車も増えて、製造する台数が減らないといいう予想もあるので、何とも結論は出せませんが。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告