事故車は売れない都市伝説!実は作戦だった?

電信柱に衝突事故

「事故車だから売れないから廃車だな。」
「売れたとしても、タダ同然の価値しかないんでしょう?」

そんな常識、ちょっと待ってください!
もしかしたら、タダの都市伝説かもしれませんよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

事故車は売れる

『事故車も売れる』と『事故車は売れる!』似ていますが、全然ちがいます。

事故車は修理すると修復歴という修理した履歴が残ります。このため、いざ中古車市場に売りに出したときに、安く買い叩かれてしまうのはご存知の通り。

中古車を販売するのに、『事故車』というネーミングはイマイチで売れ行きにも影響を与えそうなので、修復歴車という呼び方に変えています。

でもこれはあくまでも私達がそう考えているだけで、仕入れ側はおいしいと考えている場合も多いのをご存知ですか?

修理度合いで全く違う

事故の程度

車が大破して原形を届けていないほどの車の場合は、さすがに廃車、スクラップ行きなのは間違いないです。でもそんな大事故、本人だってタダではすまないでしょう。

そんな大事故はそうそう発生するわけではありません。

雪が降って路面が凍結して、電信柱に軽くぶつかって車のバンパーが少し凹んだり、ドアの側面にぶっつけられたり、信号待ちしていたら、前を良く見ていなかったドライバーに後ろから衝突(衝撃は余りなかった。)されたり。実はこれ、全部私のケースです。

大抵の事故の場合は、車の構造が歪むほどの修理ではない場合がほとんど。バンパーやドアがちょっと凹んだくらいでは、修復歴車と言えるほどではありません。このような修理車であれば、十分に高額査定が期待できます。

もちろん修理はしているので、マイナスポイントにはなります。

売れない車

売れない車というより、業者さんが絶対売ってはいけない車は、事故で車の骨格が変形するような事故車(修復歴車)の場合。

いまの最新のコンピューター制御の機械を使えば、かなり変形した骨格でも見た目は綺麗に修復することができます。

「じゃ問題ないじゃん」というのは早合点で、金属の構造体がいちど変形したら、ひずみ(歪)が発生します。それは最新の技術でも取り除けません。

表面上は綺麗に見えても、内部の強度は事故前よりも低下していて、次に事故に遭遇したときには絶えられない可能性が高いです。

人間でいえば走って転んで足を骨折しても、取りあえずそのままズボンをはいていると外からは見えないけれど、とても危険で歩けるような状態ではありません。だからこのような車の骨格すらゆがめた事故車は買い取って販売してはダメなのです。

しかしごく一部の業者さんで、このような重度の修復歴車を安く買い取って、売っているというから恐ろしい。もし見た目綺麗で安い中古車が売られていたら、ちょっと疑った方が良いでしょう。とくに小さなお店は注意しましょう。

だから売れない

このような悪い情報だけが一人歩きして、事故車はやっぱり売れても安いという噂が流れます。先ほどもお伝えしたように、軽微な事故の場合は構造になんら問題がなく、安心して乗ることができます。

そこで業者さんは考えました。

「この車、事故して修理しているでしょう?だから高くは買い取れない。」と言われ、「やっぱりそうですか。」と素直に納得するわけなんです。こんなお客さんは、安く買取しやすい。

事故車は買い叩かれる

くれぐれも自分の車の価値を低く見積もらないようにしましょう。業者さんのいうことがどれくら信憑性があるのかを調べるには、複数の業者さんの意見を聞いてみるのが失敗しないポイント。

高いか安いかの判断材料を得るのが大切です。そのデータを元に、1社でもより高く買い取ってくれるところに、愛車を預けた方が良いですからね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告