車を売却するときに必要な書類

必要な書類

車を売却する場合に必要になるのが必要書類。

いざ車を売るとなると、どんな資料を用意したら良いのか分からないですよね。注意したいのは、売却が決まってから必要書類が揃っていないと、査定額がさがる恐れがあるので、早めに売り先が決まったらすぐ書類はそろえましょう。

とはいえ、書類なんて滅多に見る事がありませんが、ないと車が売れないので準備する必要があるものを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

証明書などの書類一覧

買い取り業者さんに車を売る場合に、あなたが用意する書類や必要なものはこちらです。

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車税納税証明書
  4. 実印
  5. 印鑑証明書3通(業者さんに要確認)

車の整備手帳や取扱説明書、保証書なども揃えておいてください。大抵は車の中に保管されているでしょう。

うろ覚えの書類もあると思うので、簡単に解説します。

1、自動車検査証は、運転をする場合は必ず携帯しておく必要があるので、通常は車内に保管しているはず。万が一、紛失してしまった場合は、運輸局(支局)にで再発行の手続きをしましょう。ダッシュボードに大抵の方は保管されていると思います。

2、自賠責保険証明書は、一般的には強制保険と言われているものです。この保険の加入証明書がなければ車を売ることができない重要な書類です。もし期限が切れていたり、売るまでに切れそうなら、早めに保険会社に伝えて、再発行の手続きをしましょう。

3、自動車税納税証明書は、毎年5月の末までに納めたら受け取る書類です。こちらもなければ車を売れません。必ず自宅で保管されているはず。

紛失した場合は、乗用車は各都道府県の税事務所で、再発行してもらえばOK。
軽自動車は、各市役所で再発行してもらえます。

4と5、実印と印鑑証明書は、業者に売る場合に委任状や譲渡証明書が必要になるので、その書類に必要です。印鑑証明書は発行から3ヶ月以内のものでないと使えません。

その他の書類

こちらは業者が用意してくれるので、その書類に必要事項を記載してください。

  1. 譲渡証明書
  2. 委任状

譲渡証明書は、あなたから業者に車を譲渡する証明書です。実印が必要。書類は業者が用意してくれます。

委任状は、業者が車の名義変更を行う場合に必要な書類で実印が必要です。用紙は業者が準備してくれます。自賠責保険承認証明書なども押印や署名が必要です。

リサイクル券が必要になる場合もあります。

住民票が必要な場合

車検証と住所、あるいは印鑑証明書の住所が異なる場合は、住民票が必要になります。引っ越しなどをされた場合は注意してください。

結婚や離婚、引っ越し

注意したいのが、結婚や離婚で姓が変更になった場合や引っ越した場合。

書類をそのままにしている場合は、住民票や証明書の再発行などが必要になるので、車を早く売りたい場合は、書類のチェックを早めに行ってください。

まとめ

車の売買は分かりづらいので、売却先が決まりそうな段階で、業者さんに必要な書類を再度、確認された方が良いでしょう。

大抵の良心的なところであれば、こちらから聞かなくても前もって説明してくれるはずですので、あまり心配しなくても大丈夫です。逆に説明がない業者さんは買取額が高くても避けた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告