旦那のfit3をこっそり査定したい!【メール可】

fit3

旦那さんがもうすぐ転勤や離婚、あるいはリストラされそうで、fit3が不要になりそう。

生活費がギリギリで、とても車の維持費まではだせそうもない。そこで、まずは旦那に内緒で、車がいくらで売れるか、こっそり査定して価格を出してもらってから相談したい。

そんな場合、店頭に車を持って行けない時、昔は買い取り査定を出してもらうのは、いろいろ難しかったのですが、最近は概算であればこっそり出してもらうこともできるようになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ネットで査定と注意点

便利なサイトがあるので、ネットで簡単に査定の申し込みができます。

ただ注意したいのが、連絡先に自宅の電話にすると査定会社から連絡が入るので、自分の携帯に連絡をしてもらうか、メールで概算の買取額を出してもらうのがおすすめ。それを忘れると、内緒のつもりがばれてしまい、喧嘩の原因になってしまいます。

車を手放す状況なので、家族間もギクシャクしていると、ちょっとしたきっかけから、大バトルが勃発して、取り返しがつかない状況になる恐れも。

ここは慎重に進める必要があります。申し込みをする時に、備考などの欄に家族に内緒にしたいので、メールでお願いしますと、ひと言添えて置くのが鉄則。

担当者に売る相談を、店頭に出向いてできる場合はそれでも良いのですが、地方だと「あなたの奧さん、車の買い取りセンターに入るのを見かけたわよ。」なんて噂は耳に入るものです。

「なんで、こんな時に限って・・・」と思っても後の祭り。できるだけ慎重にしましょう。

男性が車を手放したくない理由

最近では珍しくなりつつありますが、車への愛着が強い男性もいます。特に家族に語ったことがないその車の想い出が隠されて入る時。

始めての車で、苦労して手に入れたケースや、亡くなったオヤジさんがお金を一部出してもらって、車が形見のような感じている。

いまは苦しいけれど、この車だけは維持したい。そのために仕事を頑張る!という方も私の周りにいます。その方はまだ若い方なのですが、車への愛着が非常に強い方です。

fit3への思い入れは、家族でも理解できない時があります。もしあなたの大切なものを、勝手に売られたり査定されていたら、おそらく気分が悪いと思います。

だからこそ、絶対に分からないように査定をしてもらう必要があります。その概算を元に、どうしても家計がピンチのときは、相談する材料にすべきです。その時は、査定したといわずに、「それじゃ中古車の買い取りのところで、価値を出してもらいましょう。」と。

メールでもらったのは、あくまでも概算で実際に車を見てもらうと、高くなったり安くなったり上下します。

文面例

メールでの査定を希望。
電話は家族に知られたくないのでNGです。
宜しくお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告