車の売却は査定を同時にしない方が高く売れるケース

見積書

車を売る場合、昔はわざわざ買取店に出向いて査定をしてもらうのが一般的でしたが、最近は査定を同時にしてもらう方法が増えてきました。

その理由はネットで簡単に査定の依頼ができるようになったからです。この方法、非常に効率的なのですが、一つ大きなポイントを外すと損するケースがあります。

特に女性の方が査定をしてもらう場合は、次のポイントに注意してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

価格交渉が苦手な場合

車を早く売る場合は、ネットで一括査定に申し込んで同じ日、同じ時間に自宅まで車の査定に出向いてもらうと、その日のうちに車の売却先が決まるので、すぐに売る事ができます。

さらに競い合わせることで、買取額が高くなる傾向にあります。

しかし、この手の方法は地元の業者の間で顔見知りの場合、あらかじめ打ち合わせをされる危険もあります。各店舗で得意な車種があったり、いま欲しい車種が異なる場合があるので、無理して買い取らない場合も考えられます。

主婦の方が小さなお子さん連れの場合、買取りを低く見積りするケースも。あまり車に詳しくないと思われ、足元を見られて低い買取額を提示されても、その価格が妥当か判断できないからです。

そのために一括査定で、複数社から買取額を出してもらって比較するのがいまや常識。しかし同時に業者さんに来てもらうと、対応が同時になるため戸惑ってしまったり、相手の言うことが理解しきれない場合もあります。

そこで自信が無い方はあえて同時に査定しないで、時間はかかりますが1社ずつ対応された方が、買取り交渉を有利にすすめられるようになります。

1社ずつ個別に査定してもらうメリット

1社目は、初めてで対応もぎこちないかもしれませんが、2社、3社と査定してもらうと、業者さんの言う言葉も徐々に理解できます。

買取の流れも何度も聞いていると、分かっていることだと余裕になってきます。そうなると、こちらから質問する余裕も。

さらに査定の見積書が手元にたまってくると、

「あ、この業者さん高い!」とか、
「あ、B社さんは見積は高いけど、手数料で結構、引くんだ。」と分かりようになります。

それを同時にしてしまうと、何がなんだかわからないうちに終わってしまいます。心のゆとりをもって高く買い取ってもらえる業者さんを見つけるには、同時の査定よりこ個別にする方が良いのはそのため。

交渉が平気な方は同時査定がおすすめ

ただしすでに何度も車を売った経験があり、価格交渉もぜんぜん平気だという方なら、同時に5社10社にきてもらって、交渉するのが早い。

この場合は、各社さんにオークション形式でやってもらい、一番高い業者3社を選んで、後日、連絡すると伝えます。

注意 この場合でも、その場の即決はやめて、しっかり見積書に目を通してから判断するようにします。急ぐと落とし穴にはまる危険もあるからです。

参考 買取査定額が高すぎると危険?【裏事情】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告