車内クリーニングの料金と自分でする場合のポイント

クリーナー

子供が車内で気分が悪くなって吐いたりすると、臭くて気になります。大切な人を乗せる場合も綺麗にしておきたですからね。

また車が汚れていたり、タバコなどの臭いがすると、車を売る場合にマイナスの査定になるので、できるだけ印象を良くしたいですね。

そこで車内のクリーニングを業者に依頼する場合、どれくらいの料金になるのか気になりますね。予算がないから自分でなんとか、きれいに清掃する場合のポイントについて調べてまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

車内クリーニング

  • タバコの灰がシートに落ちた。
  • 臭いが室内に染みついている。
  • 子供のミルクを座席にこぼした。
  • カビ臭いニオイがする。
  • ペットの毛がたくさん床に落ちている。
  • 子供が車酔いで吐いた。

これらの汚れは臭いは、査定に響いてきます。これらをそのままにしていると、買取の査定額に確実にマイナスポイントになります。

そこで必要になってくるのが車内クリーニング。専門の業者さんに依頼する場合と、自分で清掃する場合のポイントをまとめました。

業者に依頼するケース

業者に依頼すると、様々な汚れが見違えるくらい綺麗になります。最上級のクリーニングをしてもらうと、新品のような綺麗な仕上がりになる場合も。(経年劣化は直せません。)

では、一体どれくらいの料金がかかるのか、調べて表にまとめました。

Mサイズ:例 シエンタ、GT-R、インサイト、インプレッサなどのクラス。

内容 標準 上質 シート1つ
価格 45,000  70,000  6,000 

標準のクリーニングと上質クリーニングですが、業者によっては設定が1つしかない場合もあります。

車のサイズによっても価格が異なりますが、小型車(Sサイズ)ですと表の価格よりも5000円ほど安くなります。(Sサイズ:例 アクア、ヴィッツ)

大型クラス(Lサイズ:例 プリウスα、グロリア)は反対に5000~1万円アップが相場。

ただいずれの価格も業者さんによって異なるので、表で示した価格+1万5000円程度はみてください。しかしその代金を支払うだけのことはあります。プロに頼むと、素晴らしい仕上がりです。

業者さんの作業をみると、出てきた真っ黒な汚水をみるとびっくりします。仕上がりは新品仕上げのようになるので、満足度は高いでしょう。(紫外線劣化などの影響はクリーニングでは取り除けないです。)

この費用を安いとみるか、高いと思うかは価値観によって異なるとは思います。

消臭の費用

消臭方法はいくつかありますが、シートなどをクリーニングしただけでは臭いが取れない場合は、さらに徹底的に消臭します。

臭いの度合いによってプランが別れている場合は、業者さんと相談してください。下記はおおよその価格のプランの1つ。

内容 標準消臭 徹底消臭
価格 5000~9,000  13,000~20,000 

標準の安いプランは、ちょっと気になる程度の消臭に。かなりひどい臭いの場合は、車内洗浄のあとに、抗菌・除菌なども行われる徹底消臭プランがおすすめ。(呼び名は業者によって異なり増す。)

さすがに業者の消臭は、設備も含めて業務用でレベルが高いです。

シートのクリーニング

例としてシート1つだけをクリーニングする場合の価格も紹介しました。シートが多いと値引率が若干ありますが、価格差は思ったよりもわずかです。

注意したいのは、子供を座らせたチャイルドシートなどのシートが汚れたので、綺麗にクリーニングしてもらったら、他のシートとのギャップで他のシートとの差が目立ってしまい、査定が下がる可能性もあります。

自分で清掃

業者に依頼すると、かなりクリーニング料金が高くなる場合があります。特に小さなお子さんが汚し、ペットを飼っていて、さらにタバコを吸っているような複合的な汚れや臭いは、作業工程が増えるので、時間もかかり人件費や技術料が増加します。

そこで自分で清掃をするため、次のポイントについてご紹介します。

  • 天井
  • シート
  • フロアマット

まず汚れを綺麗にする場合、上から下に向かって清掃していきます。

要チェック

自分で作業をされる場合は、手袋や防護眼鏡などの着用をして注意してください。また失敗の危険もあるので、まずは目立たないところで試してから実施しましょう。

たわしでゴシゴシこすると、スポンジのような素材ですと剥げてしまう場合もあるので、あまり力を入れすぎないようにしてください。

天井の部分

素材によってやり方がことなります。繊細な素材の場合はブラッシングをすると、素材を痛めてしまいます。失敗すると車を下取りしてもらう場合に、マイナス査定になるので慎重におこないたいところ。

通販・業務用 カーペット・ソファのしみとり剤を楽天市場で詳細を見る。(様々な箇所に使える用品です。)

目立つシミ

一般的に酸素系の漂白剤を、タオルのコーナーにしみこませて除去します。使い易いのは液体の漂白剤。柔らかい毛のハブラシで、少しずつシミの部分に軽くブラッシング。

汚れが酷い場合は、しばらく漂白剤をしみこませたまま放置して様子をみましょう。

シミが消えたら、きれいなタオルをお湯であらい、さきほどブラッシングしたところを拭いて漂白剤を完全に落とします。

漂白剤の問題点

シミはきれいに除去できた後が問題。周りは黄ばんだりして変色しているのに、いま作業した部分だけが清潔になっているので、明らかに色が異なり目立ちます。

次に天井の広範囲の黄ばみ等を除去していきます。これが結構しんどい。そんなときはあれを使います。

黄ばみなら重曹?

そこで今度は重曹を使います。重曹は溶けにくいので、厚手のビニール手袋を着用したら重曹を熱湯の中に入れて良く溶かして下さい。

溶けたらタオルを投入して、液を含ませたらかたく絞ります。ボトボト落ちるようだと、顔に重曹の液体がかかるので大変です。

天井を拭く場合は、ゴシゴシせずに軽くトントンと押し当てます。綺麗になってきたら、また清潔なタオルをお湯にしたして硬く絞って拭き取ります。何度かこの作業を繰り返したら、見違えるくらい黄ばみが落ちて、明るくなっているはず。

最近、こちらが注目されています。

通販[ルームクリン 400ml]車内の布シート、フロアーマット、天井などの布素材から、ダッシュボー…

柔軟剤もプラスされているのが好まれているかもしれません。

※革製品は使えませんが、姉妹品の革製品専用洗浄剤『レザークリン』があります。

中性洗剤を使う方法

薄めた中性洗剤をタオルに含ませたあと、かたく絞って汚れたところを拭いていきます。力のいれ具合や、タオルの絞り加減、洗剤の濃度などによっても汚れオチの度合いが異なるので、いろいろ試してください。

この辺りを業者さんは熟練の技とデータを持っているので、きれいに早くクリーニングできるのでお金を取れるのですが。(業務用の洗剤を使う場合も、洗剤の特性を見極めて使わないといけません。その点、こちらが人気)

天井の張り替え

これはさすがに自分では辞めてプロに依頼した方が良いです。失敗したときのダメージが多き過ぎます。張り替え作業をする人もあまりいないので情報も少ないです。それに熟練度がある程度必要だと思います。見栄えが悪いと車を売る場合にはちょっと・・・。

お金の面で悩んでいる方は業者さんによっては、助手として張り替えを手伝うと割引キャンペーンをしてくれるようなユニークなところもあります。お近くの業者さんに交渉してはいかがでしょう?

業者さんに依頼すると、早ければ朝持ち込んで、夕方には仕上がっています。混み合っている場合もあるので、納期は問い合わせてみてください。

シートのクリーニング

比較的洗いやすいのがシート。個人でクリーニングされる方は、シートを外してまでは洗浄されないと思います。(外すと徹底的に洗えますが。)ここでは手軽に拭き取って汚れを落とす方法について紹介します。

一番簡単なのが、台所用の中性洗剤を薄めてシートを拭き取っていく方法です。(素材が皮の場合は避けてください。)

家具を拭くのよ同じ様な要領でできますが、きれいにするにはそれなりの手間と時間がかかります。

参考 中性洗剤を使う方法

ちょっと揃える手間がかかりますが、専用のものを使うと時短になりいろいろ便利です。

参考 ルームクリーン

臭いが気になる場合、お手軽のはファブリーズ。

いろいろ書いてきましたが、綺麗にしたシート。今後は防水加工が施されたシートカバーを使いましょう。

フロアマット

ガソリンスタンドで洗車機を置いてあるところなら、フロアマットを洗う機械(自動マット洗い機)が置いてあるので、それを使うと早いです。

洗車場にも置いてあるので、洗車ついでに洗いましょう。ただし機械によって落ち方が異なるので、イマイチだった場合は下記を試してください。

自宅でやる場合

家で洗う場合は、まずフロアマットを外して、大きなゴミを取り除いたら掃除機で丁寧に吸い取りましょう。

その後、除菌できる洗剤でゴシゴシ洗って、強めの流水で洗い流して乾燥させたら完成です。乾燥には時間がかかるので、車をあまり使わない日に洗いましょう。

床(フロア)

車内も掃除機で吸い取りましょう。何もこぼしていなければ、掃除機で吸い取るだけでもフロアマットのおかげできれいなはず。車用掃除機もありますが、強力なものでないと角に入り込んだ汚れは吸い取れません。

もし飲み物などをこぼしてシミなどが出来ていたら、少々面倒です。天井の項目のしみ取りを参考にしてください。

まとめ

業者に丸投げするのがもっとも早くて綺麗になりますが、自分でクリーニングされる場合は、相当な時間がかかるので、焦らず1ヶ所ずつ行いましょう。

自宅にあるもので効果がなければ、専用の用品の1つ、2つは揃えて掃除しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告