査定額を上げるためのポイント【車の魅せ方に焦点】

1日に中古車が7000~1万台くらい販売されています。その数だけ車も査定されているということですね。

同じ様な車種やグレードの車も多くあるので、少しでも査定額をあげるためには、いろいろと工夫しないと、他の車に埋もれてしまい価格も以下同文みたいな感じになってしまいます。

車の車両本体を綺麗にして、査定額をアップする方法についてはこちらにまとめました。

参考 高く車を買い取ってもらう査定の6つのポイント

この記事『査定額を上げるためのポイント』では、車の魅せ方に焦点を当てています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

車の状態を優良に見せるテクニック

メイク

車を乗りっぱなしで査定をしてもらうのは、女性がノーメイクで合コンにでるようなもの。よっぽど自信があれば良いのですが、普通はお化粧をしてしっかり決めていくハズ。

車の見た目は女子の顔と同じで、綺麗に魅せれば査定士さんにも好印象を与えられます。

反対に運転席周りの床が泥だらけだったり、タバコ臭かったりしたら嫌な気分になりますよね。だからできるだけ清潔に、汚れも清掃しておくのが基本。

パッと見た目に、それとなく小綺麗な状態なら基本はOK。よっぽど酷い状態でもなければ、業者に車内をクリーニングしてもらう必要はないので安心してください。

ワックスや窓ガラス

査定してもらう日が晴れの人は限りません。雨が降ってしまう場合もあります。窓ガラスが油がついたように、べっとりしているだけで見た目が良くありません。

べっとりの窓ガラス

もし雨粒が車体を流れるように落ちれば、それだけでメンテナンスはしっかりしているなという印象を与えられます。窓ガラスもつぶつぶに弾けば、気持が良いもの。

弾く雨粒

窓も車本体もボンネットが水に弾かれると、ちょっと高級っぽく感じます。(私だけかな。)でもそれだけ見た目にこだわるということは、内装もきれいにするので印象は悪くはありません。

ちょっとしたことですが、小さな傷くらいなら綺麗に消しておくとさらに印象はアップ。

せめて塗装のはがれだけでも埋めておくと良いですよ。結構、査定する方は車体内部へのサビを嫌うので、塗り方が下手でもサビよりはマシ。

参考 車の塗料が剥げた場合の簡単な塗り方とアイテム

本格的にきれいにしちゃおうかな~という方はこちらも読まれています。

参考 車のへこみ修理を自分で直す手順とコツ

アピールポイント

api-ru女性の方が持ち主だと、車を丁寧に乗っていると思われるケースも多い。いつも安全運転していますよ~とか、車の運転は会社やスーパーくらいで町乗りが主です。というようなことも、ダメもとで伝えるのもあり。

こういう情報は、あなたから買い取った後に車を売る場合の業者さんのアピールにもなるからです。

ところが業者さんとの会話が雑なあしらう感じだと、「車も雑な運転してるんじゃないか?」なんて、変に勘ぐられてしまい、普段よりも厳しく査定されかねません。

カーナビを新しくしたり、タイヤを交換してから日が余りたっていないなら、それらもアピールしましょう。純正のパーツ以外は評価が低くなるという方もいますが、古くて動かないナビより数段マシ。タイヤも新しい方がポイントは高いです。

業者さんへのねぎらいの言葉

業者さんはお仕事で来られていますが、たくさんのお客さんに訪問される忙しい方です。

そこで、「お忙しいのに、わざわざお越し頂き有り難うございます。」と言われると気持が良いですよね。

もしも「早く査定してよ。こっちは忙しいんだから!」なんて言うと、
「何だこいつは!」とカチンときてしまいます。相手を怒らせても何の得にもないばかりか、マイナスアピールになってしまいます。

たとえ数千円でも高く売れて欲しいので、あの手この手のアピールは大切。

教えてくれました

車については、全く詳しくなかったのですが、業者さんが車を高く売るコツなんかも教えてくれました。

やはり丁寧に応対すると、そのようにいろいろアドバイスまでしてもらえることも。業者さんは、次回新車に乗るときはシートカバーは絶対つけた方が査定が高くなる(マイナスされない)とおっしゃっていました。

特に小さなお子さんがいる場合は、汚れが目立ってしまいます。また新品と比較すると、シートカバーがないと、太陽の光(紫外線)で色があせてしまい価値が下がるようです。

もし査定を複数の業者さんに依頼する場合は、最初の1件目の方に丁寧な応対で、いろいろ聞いてみると参考になりますよ。

こちらも読まれています。

参考 車の売却は査定を同時にしない方が高く売れるケース

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告