3世代で同居する家族が選ぶ車のイチオシはこちら!

三世代家族

「車選びに失敗しました」まさか子供が増えるなんて・・・
「親が病気で急に同居が決まりました。」そんな突然のことも起こりますが、ある程度、想定できることもあると思います。

車選びは、あなたのライフスタイルによって考えるべきです。

例えばいまは夫婦2人でも、お子さんの予定があれば、ベビーカーを乗せるスペースや、チャイルドシートも必要になります。

ご両親と住む予定があれば、乗り降りしやすい車が必要になります。このようにいまの生活だけではなく、未来のライフスタイルも想定して決める必要があります。あとから車を買い換えるのは、かなり予算オーバーになるからです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

3世代で同居する家族

3sedai自分の家族が3人と、ご両親がご健在なら2人。普段は別々に生活をしていても、たまに一緒に出かけるなら、軽自動車では移動できませんね。

そうなるとファミリーカーとしては、3列シートの車がおすすめ。このクラスなら、お子さんを2列目にチャイルドシートを設置しても、片側から父母に乗ってもらえます。

旅行するときは、孫の面倒を見てくれる方だと良いですね。

このようなケースだと、価格や大きさ、燃費などのバランスの面からもfit3(フィット3)あたりがおすすめ。

ミニバンでハイブリッド車のヴォクシー(BOXY)やノア、ステップワゴンなども選択肢に入りますす。セレナはちょっと大きいかな。スペースを取るか燃費を取るかです。

ミニバンクラスであれば、十分なスペースがあるので、お子さんが大きくなってもご両親を乗せても、十分に長距離を走っても大丈夫なので、わざわざレンタカーを借りる必要はありません。

イチオシ

燃費よりも室内空間と駐車場のスペース、車両価格などを考慮すると、若い世代であればヴォクシー(BOXY)がイチオシ。現在、ハイブリッドもでているので燃費も向上しています。

なおノアとBOXYは性能面・機能面では同一と考えて良いです。詳しくは販売店まで。

ヴォクシー(BOXY)なら荷物もたっぷり

試乗車(イメージです。)

ベビーカーはもちろん、今後、車椅子になった場合でも荷室に入れることができます。三列シートの片側を倒せるので、それでも6人は乗車可能です。

ちょっとした荷物の運搬も可能で、休日にテントや折り畳みの机などを積み込んで、家族でキャンプするのもにも便利。

車は大きくないので、燃費もそれなりに良いのもメリット。小型車のような燃費はありませんが、家族でゆったりお出かけするならヴォクシー(BOXY)がぴったり。

もし他メーカーの車を選ばれる場合には、ボクシーを参考車として他社の車を選ぶと失敗を避けられます。

まとめ

道路事情や誰が乗るのかを考えると、あまり大きすぎない車を選定しました。

予算があり駐車スペースに余裕がある場合(道幅が広い、ショッピングセンターの駐車スペースが広い。道路の幅も広い場合。)ワンランク上のサイズの車がおすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告